人間と文化コースの特徴と科目別難易度ランキング分析

人間と文化コースの特徴と科目別難易度ランキング分析

■放送大学の便利な最新情報をLINEとメルマガでお伝えします!
 ご質問等あればお気軽にどうぞ!



特典付きの無料メルマガ登録

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

人間と文化コースの特徴と科目別難易度ランキング分析

放送大学教養学部の人間と文化コースの特徴と科目別難易度ランキング分析をご紹介します。

 

 

放送大学 人間と文化コース 特徴 科目 分析

 

 

人間と文化コースの特徴

 

生活と福祉コース、心理と教育コース、社会と産業コース、人間と文化コース、情報コース、自然と環境コースの全6コースの一つで、哲学、美学芸術、歴史学、地域文化研究、文学、言語文化、人類学、比較文化などの広い領域を学びます。

 

 

これらの分野は相互に重なり合って人間の文化を研究するという課題を持っています。総合的に人間の活動を分析し理解する学問なので、一般教養に最もふさわしいコースとも言えます。

 

 

また様々な視点から広く深く学ぶことによって、実践的な考え方を身につけることを目指しています。

 

 

それを通じて自分や自分の周囲を発見し、人類の歴史、文化、社会を知る。まさに人を知り、真の自分を発見する学問と言えます。

 

 

人気エキスパートの芸術系・歴史系・自然系博物館活動支援、そして国家資格の学芸員と関連性が高いことも特徴的です。トリプル博物館活動支援と学芸員のグランドスラムを達成して博物館で働くことを目指すのもアリです。

 

 

人間と文化を広く学んで、自分探しの旅に出るが如く、自分自身を見つめ直しましょう。ジャーナリストの池上さんのような教養人となる第一歩とも言えますね。

 

 

人間と文化コースの卒業単位要件

 

卒業の必要単位は、全124単位中、コース科目76単位、うち自コース開設34単位、他コース開設4単位となります。

 

 

人間と文化コースの資格取得関連・発展性

 

放送大学単位関連資格

 

学士(卒業)

 

学芸員

 

 

放送大学エキスパート制度資格

 

社会生活プランナー(社会生活企画プラン)

 

現代社会の探究(社会探究プラン)

 

市民政策論(市民活動支援プラン)

 

異文化理解支援(異文化コミュニケーションプラン)

 

日本の文化と社会(日本の文化・社会探究プラン)

 

芸術系博物館活動支援(芸術系博物館プラン)

 

歴史系博物館活動支援(歴史系博物館プラン)

 

自然系博物館活動支援(自然系博物館プラン)

 

人にやさしいメディアのデザイン(人にやさしいメディアデザインプラン)

 

日本文化を伝える国際ボランティア・ガイド(基礎力)養成

 

アジア研究(アジア研究プラン)

 

 

一般資格関連・発展性

 

確認中

 

 

人間と文化コース科目情報口コミ・評判

 

放送大学人間と文化コース科目の口コミ・評判まとめブログ