■放送大学の便利な最新情報をLINE@とメルマガでお伝えします!
 ご質問等あればお気軽にどうぞ!



特典付きの無料メルマガ登録

【放送大学エキスパート資格】臨床心理学基礎の特徴と難易度分析


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

放送大学エキスパート資格(認証状)の臨床心理学基礎(臨床心理学基礎プラン)の特徴と科目別難易度ランキング分析をご紹介します。

 

 

放送大学 エキスパート資格 臨床心理学基礎(臨床心理学基礎プラン) 特徴 科目 難易度 ランキング

 

 

臨床心理学基礎(臨床心理学基礎プラン)の特徴

 

臨床心理学の学習にとって欠かせない基本的知識を得ることを目的とします。臨床心理学は、人と人との実践的かかわりに関する学問であり、次のステップとして専門的な大学院の臨床心理学プログラムでの学習が必要となります。

 

 

この認証取得で得た基礎力をもとに、大学院修士課程でさらなる専門知識を学び、臨床心理士資格取得を目指すことが可能となります。

 

 

・臨床心理士とは、認定心理士とは違って、臨床心理士は職業に直結する資格で、資格取得者は、病院その他の専門施設で「臨床心理士」として働くことができます。ストレス社会において人の心の問題に取り組む「心の専門家」です。心理カウンセラーとも言います。

 

 

放送大学のエキスパート資格人気ランキングNo.4です。

 

 

臨床心理学基礎(臨床心理学基礎プラン)の認証取得条件

 

授業科目群56単位の中から、必修科目4単位、選択必修科目14単位以上を含めて、20単位以上を修得すること。

 

 

認証状取得に相性の良いコースは、やはり心理と教育コースとなります。

【放送大学エキスパート資格】臨床心理学基礎の特徴と難易度分析記事一覧

2021年放送大学エキスパート資格(認証状)の臨床心理学基礎(臨床心理学基礎プラン)を取得する為の科目難易度ランキング分析です。確実な単位修得を目指して科目登録しましょう。単位認定試験の過去問平均点の分析結果からランク付けしています。各年度各学期のテレビ番組とラジオ番組(オンライン授業や面接授業は除外)の平均点(科目登録時点での公開は前々回試験まで)から標準偏差σ、平均点の平均点μを算出し、次回の...

TOPへ