■放送大学の便利な最新情報をLINE@とメルマガでお伝えします!
 ご質問等あればお気軽にどうぞ!



特典付きの無料メルマガ登録

【放送大学エキスパート資格】異文化理解支援の特徴と難易度分析


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

放送大学エキスパート資格(認証状)の異文化理解支援(異文化コミュニケーションプラン)の特徴と科目別難易度ランキング分析をご紹介します。

 

 

放送大学 エキスパート資格 異文化理解支援(異文化コミュニケーションプラン) 特徴 科目 難易度 ランキング

 

 

異文化理解支援(異文化コミュニケーションプラン)の特徴

 

日本語教育や地域のボランティア活動など、異文化コミュニケーションの現場に関心を持つ方が、文化背景が異なる相手と交流を図る際に必要な態度を養成することを目的とします。

 

 

国際社会において、外国語を学び、異文化を理解することで、一気に視野が世界に広がります。グローバルな視点を身に付けて生活に役立てましょう。

 

 

日本を知り、世界を知ると、外国の良さも分かれば、日本の良さも再認識できます。海外旅行すると異文化の新たな気づきだったり、日本の素晴らしさが身に染みてわかるものです。経験値が積める海外旅行好きな方にもおすすめです。

 

 

大学で勉強するからには、英語を始めとして、ドイツ語などの興味ある第2外国語を学習することも大切です。第2外国語を学ぶことで、違う視点から英語という学問を見直すことにもつながり、理解が深まります。英検やTOEIC(トーイック)やTOEFL(トーフル)といった資格検定で高得点を目指すことに進むこともおすすめです。

 

 

放送大学のエキスパート資格人気ランキングNo.9です。

 

 

異文化理解支援(異文化コミュニケーションプラン)の認証取得条件

 

授業科目群126単位 (任意の外国語科目4 単位を含む) の中から、必修科目4単位、選択必修科目2単位を含めて、20単位以上を修得すること。科目数がとても多いので取得難易度は低いです。

 

 

認証状取得に相性の良いコースは、基盤科目の外国語科目がある、生活と福祉コース心理と教育コース社会と産業コース人間と文化コース情報コース自然と環境コースと全コースとなりますが、特に人間と文化コースが関連性が高いです。

【放送大学エキスパート資格】異文化理解支援の特徴と難易度分析記事一覧

2021年放送大学エキスパート資格(認証状)の異文化理解支援(異文化コミュニケーションプラン)を取得する為の科目難易度ランキング分析です。確実な単位修得を目指して科目登録しましょう。単位認定試験の過去問平均点の分析結果からランク付けしています。各年度各学期の平均点(科目登録時点での公開は前々回試験まで)から標準偏差σ、平均点の平均点μを算出し、次回の単位認定試験の平均点の範囲(最大最小)を予測しま...

TOPへ