■放送大学の便利な最新情報をLINE@とメルマガでお伝えします!
 ご質問等あればお気軽にどうぞ!



特典付きの無料メルマガ登録

自然と環境コースの特徴と科目別難易度ランキング分析


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

放送大学教養学部の自然と環境コースの特徴と科目別難易度ランキング分析をご紹介します。

 

 

放送大学 自然と環境コース 特徴 科目 分析

 

 

自然と環境コースの特徴

 

生活と福祉コース、心理と教育コース、社会と産業コース、人間と文化コース、情報コース、自然と環境コースの全6コースの一つで、生命・生態系、物質・エネルギー系、宇宙・地球系、数理系の分野を学びます。

 

 

主として自然を相手にして科学を学ぶコースになります。

 

 

生物学、物理、化学、天文学、地球科学、数学に加えて、エネルギー問題や生態系などの広い分野になります。

 

 

基礎科目として、初歩からシリーズを多くの分野について準備されているので、自然科学が苦手な方は履修して基本を理解し、その後で共通科目や専門科目に進むことが可能です。

 

 

これからの日本での将来性を考えたときに、情報コースと同様に、モノ作りと環境対策につながる重要な根幹がある、THE理系コースです。

 

 

小学生の時に、学研の科学と学習の教材がありましたが、付録目的でワクワクしながら科学を買っていたあなたや、最先端のテクノロジーが好きで日本のモノづくりを支えていきたい方におすすめです。

 

 

自然と環境コースの卒業単位要件

 

卒業の必要単位は、全124単位中、コース科目76単位、うち自コース開設34単位、他コース開設4単位となります。

 

 

自然と環境コースの資格取得関連・発展性

 

放送大学単位関連資格

 

学士(卒業)

 

学士(看護学)

 

 

放送大学エキスパート制度資格

 

社会生活プランナー(社会生活企画プラン)

 

異文化理解支援(異文化コミュニケーションプラン)

 

宇宙・地球科学(宇宙・地球科学プラン)

 

生命人間科学(生命科学プラン)

 

環境科学の基礎(環境科学プラン)

 

数学と社会(社会数学プラン)

 

自然系博物館活動支援(自然系博物館プラン)

 

工学基礎(工学基礎プラン)

 

計算機科学の基礎(計算機科学基礎プラン)

 

人にやさしいメディアのデザイン(人にやさしいメディアデザインプラン)

 

日本文化を伝える国際ボランティア・ガイド(基礎力)養成

 

データサイエンス(データサイエンスプラン)

 

アジア研究(アジア研究プラン)

 

 

一般資格関連・発展性

 

eco検定(環境社会検定試験)

 

技術士・技術士補

 

理科教員免許

 

気象予報士

 

環境アセスメント士

自然と環境コースの特徴と科目別難易度ランキング分析記事一覧

2021年の放送大学の科目登録にあたって、自然と環境コースの科目難易度ランキング分析を活用して、確実な単位修得を目指しましょう。単位認定試験の過去問平均点の分析結果からランク付けしています。各年度各学期のテレビ科目とラジオ科目(オンライン授業や面接授業は除外)の平均点(科目登録時点での公開は前々回試験まで)から標準偏差σ、平均点の平均点μを算出し、次回の単位認定試験の平均点の範囲(最大最小)を予測...

2020年の放送大学の科目登録にあたって、自然と環境コースの科目難易度ランキング分析を活用して、確実な単位修得を目指しましょう。単位認定試験の過去問平均点の分析結果からランク付けしています。各年度各学期のテレビ科目とラジオ科目(オンライン授業や面接授業は除外)の平均点(科目登録時点での公開は前々回試験まで)から標準偏差σ、平均点の平均点μを算出し、次回の単位認定試験の平均点の範囲(最大最小)を予測...

TOPへ