■放送大学の便利な最新情報をLINE@とメルマガでお伝えします!
 ご質問等あればお気軽にどうぞ!



特典付きの無料メルマガ登録

【放送大学エキスパート資格】健康福祉指導者の特徴と難易度分析


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

放送大学エキスパート資格(認証状)の健康福祉運動指導者(健康福祉指導プラン)の特徴と科目別難易度ランキング分析をご紹介します。

 

 

放送大学 エキスパート資格 健康福祉運動指導者(健康福祉指導プラン) 特徴 科目 難易度 ランキング

 

 

健康福祉運動指導者(健康福祉指導プラン)の特徴

 

人生100年時代がやってきますが、要介護者への運動指導だけではなく、介護を予防するために、中高年者や健常人に対して運動実践を促す指導者を養成します。

 

 

この認証取得で得た基礎力をもとに、健康運動指導士介護福祉士等を養成する大学・専門学校に進学し、資格取得を目指すことが可能となります。

 

 

・健康運動指導士とは、スポーツクラブや保健所・保健センター、病院・介護施設などで、人々の健康を維持・改善するために、安全かつ適切な運動プログラムを提案・指導する専門家です。

 

 

・介護福祉士とは、社会福祉及び介護福祉士法により定められた国家資格であり、専門知識と技術を生かして、身体上・精神上のケアや介護スタッフに対する教育・指導を行います。

 

 

放送大学のエキスパート資格人気No.2です。人気No.1の心理学基礎(心理学基礎プラン)に続いて根強い人気を誇っています。

 

 

健康福祉運動指導者(健康福祉指導プラン)の認証取得条件

 

授業科目群48単位の中から、必修科目10 単位を含めて、20 単位以上を修得すること。

 

 

認証状取得に相性の良いコースは、生活と福祉コースとなります。心理と教育コースや自然と環境コースも一部関連科目があります。

【放送大学エキスパート資格】健康福祉指導者の特徴と難易度分析記事一覧

2021年放送大学エキスパート資格(認証状)の健康福祉運動指導者(健康福祉指導プラン)を取得する為の科目難易度ランキング分析です。確実な単位修得を目指して科目登録しましょう。単位認定試験の過去問平均点の分析結果からランク付けしています。各年度各学期の平均点(科目登録時点での公開は前々回試験まで)から標準偏差σ、平均点の平均点μを算出し、次回の単位認定試験の平均点の範囲(最大最小)を予測します。試験...

TOPへ