【放送大学エキスパート資格】市民政策論の特徴と難易度分析

【放送大学エキスパート資格】市民政策論の特徴と難易度分析

■放送大学の便利な最新情報をLINEとメルマガでお伝えします!
 ご質問等あればお気軽にどうぞ!



特典付きの無料メルマガ登録

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

【放送大学エキスパート資格】市民政策論の特徴と難易度分析

放送大学エキスパート資格(認証状)の市民政策論(市民活動支援プラン)の特徴と科目別難易度ランキング分析をご紹介します。

 

 

放送大学 エキスパート資格 市民政策論(市民活動支援プラン) 特徴 科目 難易度 ランキング

 

 

市民政策論(市民活動支援プラン)の特徴

 

(認証の教育目標と社会的意義)

 

本プランは、現代の市民生活において基本となる政治的教養及びこれに対する法的仕組みを学ぶことにより、高い市民意識に基づく市民活動をサポートする。

 

(認証取得後の目的・目指せる道・資格等)

 

上記 (認証の教育目標と社会的意義) をご参照ください。

放送大学サイト参照

 

 

世の中の政治や法律に興味がある方におすすめです。

 

 

市民政策論(市民活動支援プラン)の認証取得条件

 

授業科目群102単位の中から、20単位以上を修得すること。科目が非常に多いので取りやすい、またはいつの間にか条件を満たしているエキスパートです。

 

 

2023/3/31で廃止となりますが、経過措置として2028/3/31まで申請が可能ですのでご注意下さい。

 

 

認証状取得に相性の良いコースは、社会と産業コースであり、生活と福祉コース心理と教育コース、、人間と文化コース情報コース自然と環境コースとも関連性があります。