■放送大学の便利な最新情報をLINE@とメルマガでお伝えします!
 ご質問等あればお気軽にどうぞ!



特典付きの無料メルマガ登録

【放送大学エキスパート資格】日本の文化と社会の特徴と難易度分析


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

放送大学エキスパート資格(認証状)の日本の文化と社会(日本の文化・社会探究プラン)の特徴と科目別難易度ランキング分析をご紹介します。

 

 

放送大学 エキスパート資格 日本の文化と社会(日本の文化・社会探究プラン) 特徴 科目 難易度 ランキング

 

 

日本の文化と社会(日本の文化・社会探究プラン)の特徴

 

(認証の教育目標と社会的意義)

 

多様化する現代社会にあって、みずからの知識・精神を涵養するための土壌を持つことは、さらなる視野の拡大と思索の深化をもたらす必須条件である。本プランは、日本の歴史・文学・芸術などに関する科目を集中的に学ぶことによって、広く日本の文化と社会の全体像を、過去から現在にわたって総合的に把握するとともに、未来に向けて発想力・構築力・表現力の養成を目指すものである。

 

 

(認証取得後の目的 ・ 目指せる道 ・ 資格等)

 

認証取得によって、日本文学や日本文化の分野で、卒業研究や修士論文に取り組む基礎学力を得る。

放送大学サイト参照

 

 

日本の歴史・文学・芸術などに興味がある方におすすめです。ジャパニーズカルチャーを味わい、深堀りすることでニッポンを改めて好きになることでしょう。

 

 

日本の文化と社会(日本の文化・社会探究プラン)の認証取得条件

 

授業科目群48単位の中から、必修4単位を含めて、20単位以上を修得すること。

 

 

認証状取得に相性の良いコースは、人間と文化コースであり、社会と産業コースとも関連性があります。

【放送大学エキスパート資格】日本の文化と社会の特徴と難易度分析記事一覧

2021年放送大学エキスパート資格(認証状)の日本の文化と社会(日本の文化・社会探究プラン)を取得する為の科目難易度ランキング分析です。確実な単位修得を目指して科目登録しましょう。単位認定試験の過去問平均点の分析結果からランク付けしています。各年度各学期のテレビ番組とラジオ番組(オンライン授業や面接授業は除外)の平均点(科目登録時点での公開は前々回試験まで)から標準偏差σ、平均点の平均点μを算出し...

TOPへ